私たちがこのコースに込めたもの③発達の連なり

チャイルドスタディ(子どもの観察)の他にも、ファウンデーションコースでは乳幼児の発達についても学べるのが特徴です。

乳幼児期の子どもの成長は、その後の人生の土台となると言っても過言ではありません。

乳幼児期に暖かく健やかな環境で育った子どもたちは、きっと生涯心身ともに健やかに暮らしていけるのではないかなと思っています。

また、学童期になって現れる困ったこと・気になることの背景には、乳幼児期の発達段階で取り残した課題が原因となっていることもあります。

乳幼児期の子どもの発達について学ぶことは、小さい子どもたちに私達が今できることを考えていくことでもあります。それだけではなく、それ以降の子どもたちが困難を抱えたときに、私達周りにいる大人がどのようにアプローチしていけばよいのか、具体的に考えて行動していくための助けにもなるのだと私は思っています。

子どもの成長・発達をつながりをもって捉えていくことは、一人ひとりの子どもの本来の姿に私たちが気づくための土台となるのではないかと考えています。

そんな乳幼児基礎講座、担当されるのはシュタイナー幼稚園の担任を経て、現在も親子クラスの保育者としてご活躍されている山西眞理子さん。

とても丁寧で分かりやすい語り口でお話いただけるので、シュタイナー教育に馴染みのない方でもご心配なく!

Comments are closed.